日本の権原

日本が主張する竹島の権原は、江戸時代の幕府の許可を得た上での大谷、村川両家による竹島での漁猟、1905年以降の島根県による実効支配ということになる。これら、日本が主張する解釈なり証拠が国際法上に有効であるかどうか検討する。