15世紀の三峯島

1470年、税を逃れて三峰島に行く者がいるとの報告が朝鮮の朝廷になされる。1472年には三峰島を知っている金漢京に島を探索させるという案が朝鮮朝 廷内で持ち上がった。この時の朝廷の三峰島の認識は、「江原道の境界にあり、肥沃な土地で多数の人が居住し、世宗の時から人を遣わしているが未だに得てい ない」というものであった。現実に肥沃で人が居住できる島は鬱稜島しかないことから、三峰島は鬱稜島の別名であったことがわかる。

1472年5月28日に朴宗元等が4隻の船に分乗し三峰島の調査に出発した。暴風のため1隻は朝鮮半島に漂着したが、他3隻が鬱稜島(武陵島)にて3日間 捜査を行った。しかしながら、住民は発見できず住居跡を発見しただけであった。1473年には三峰島を知る金漢京の話として「天気が清明な日には、慶興 (現在の北朝鮮の咸鏡北道)から三峰島を望み見ることができる」と記録している。また、1475年5月には金漢京が三峰島の近傍に行き島に7、8人の人間 を望み見たとしている。竹島は朝鮮半島からは見えず、人も住めないことから金漢京の認識する三峰島も鬱稜島のことに他ならないことがわかる。しかしなが ら、韓国は1476年9月の調査記録に依拠して三峰島が現在の竹島であると主張している。それでは、1476年9月の調査記録を見てみる。

1.1476年9月の三峰島の捜査

1.1  岩・島の比定

1476年9月16日に金自周や三峰島をよく知っているという金漢京等の十五名が三峰島の捜査に出発した。成宗実録にはこの捜査の報告を1476年10月22日と10月27日の2回記載している。

1476年10月22日の捜査報告
自周對曰: “於鏡城海濱乘舟, 行四晝三夜, 見島屹然, 而有人三十餘, 列立島口, 有烟氣。 其人衣白, 形貌遠不能詳, 然其大槪乃朝鮮人也, 懼見執, 不能進也。”

1476年10月27日の捜査報告
二十五日西距島七八里許, 到泊望見, 則於島北有三石列立, 次小島, 次巖石列立, 次中島, 中島之西又有小島, 皆海水通流。 亦於海島之間, 有如人形別立者三十, 因疑懼不得直到, 畫島形而來。

10月22日の報告を見ると、「30余りの人が有り、島の入り口に列立している。煙がある。其の人の衣は白く、姿形は遠見なので詳しくはわからないが朝鮮人のようだ」としている。白衣を着ている朝鮮人30人が火を使って住める島となると鬱稜島しかない。よって、この1476年9月に捜査をした島も鬱陵島となる。続いて、10月27日には、「島を西に距てて3kmほどのところに停泊し眺め見ると、島の北に於いて列立する三石があり、次に小島、次に巖石が列立、次に中島、中島の西に小島があり、皆海水が通じている」と島の地理的状況を詳細に報告している。この地理の描写を鬱陵島周辺の岩・島への比定した結果を以下に示す。

  • 「三石の南にある島」:見落としがちではあるが、次の三石の描写及び「島」の東に碇泊したとしていることから、列立する三石の南及び碇泊箇所の西に「島」が存在することになる。また、22日の報告においても白衣を着た朝鮮人を見かけた所を「島口」と表現している。「島」に何ら修飾をしてないことから文脈上から容易に想定される島、則ち、三峯島を指しているものと考えられる。前述のとおり、朝鮮の朝廷や金漢京が認識する三峯島は鬱稜島のことであり、30人が住むという報告とも合致する。
  • 「島の北に於いて列立する三石(島北有三石列立)」「皆海水が通じている」ことから、上記の島とは別に列立する三石が北に存在することになる。鬱陵島の東岸の北には「三仙岩」があり、「島」を鬱陵島とすれば描写に合致する。
  • 「次に小島(次小島)」:「小島」との表現から先程の「三石」よりは広い面積を有する陸地であると推察され、「観音島」とすれば記録と整合的である。
  • 「次に巖石が列立(次巖石列立)」:観音島の南に石柱の基礎部分が残っており、500年の間に風雨や波浪による侵食によって倒壊したと考えれば記録と合致する。
  • 「次に中島(次中島)」:「中島」と表現されていることから、「小島」より広濶であることが必要となる。鬱陵島には小島に比定した観音島より広濶で竹嶼が存在し、この竹嶼とすれば記録とも一致する。
  • 「中島の西にまた小島がある(中島之西又小島)」:竹嶼の南西に北亭岩(日本では「いか嶋」、「胃島」と呼ばれた)がある。観音島よりかなり小さな岩であるが、三石岩よりも平たい形状をしており「小島」との表現に一致する。また、三仙岩から観音島、竹嶼はビューポイント間近に存在するが、北亭岩はかなり奥まって見えることとなり、それまでの「次」による北から南への視線移動の表現とは別に改めて「西」と表現したのものと考えられる。
成宗三峰島の検証

成宗三峰島の検証

さらに、相対的な島の大きさを「小島」「中島」と表現しており、中島より大きな島が存在していないと「大中小」の関係が成立しない。大島を三峰島でもある鬱陵島であると考えれば、この大中小関係も整合的である。以上より、白衣を来た30人の朝鮮人が住む「島」である鬱陵島(三峰島)を中心として、その東海岸にある付属島嶼を眺め見た描写とすればその地理的特徴が完全に一致する。

1.2  結論

30人の朝鮮人が住んでいるとの報告及び記録されている地理的特徴から1476年9月の捜査は、鬱陵島及びその属島(三仙岩、観音島、竹嶼、北亭岩)を対象としたものに他ならない。また、その前後の金漢京の三峰島に対する証言(朝鮮半島から見える、人が住む)からも三峰島が鬱陵島を指すことは明らかである。国際法では疑義のない明確な証拠が要求されることから、この鬱稜島捜査の報告では如何なる竹島の権原の主張もできない。

2.既往研究や発表の検証

2.1 申奭鎬 氏

高麗大学教授であった申奭鎬氏は、三峯島について以下のように解釈し、竹島のことであると論証している。

「独島所属について」『史海』1948

この記録によれば、金自周等は、三峯島に上陸できずに、三峯島の東側7~8里の海上から、西側にむかって島を眺め見てきたことになるが、彼が言う三峯島の貌形は、今の独島と少しも違いがないものである。すなわち金自周が言う島の北側に三石が列立していたということは、西島の北方に高くそびえる3つの岩島を言うものであり、次の小島と岩石は東島と西島の間に無数に散在する岩を言ったものであり、中島は西島を指したものであり、中島の西側の小島は東島の東南方に高くそびえる岩の島を言ったものになり、大概、いまの独島をそのまま描いたものであり、島の間を海水が流通するということも、独島の条件に符号するものである。そして、島の間に見える人形のようなものは、たぶん、アシカを人形と誤認したのであろう。

2.1.1 岩・島の比定

申教授の比定は以下の点で記録の描写と合致していない。

  • 西島の北にも東島の北にも列立する三石は存在しない。北面で標高があるものは、東島と西島の間にある穴の空いた岩だけである。(写真参照のこと)

    北側から見た竹島

    北側から見た竹島

  • 小島、厳石は別個の確立した存在として記述されており、「無数に散在する岩」に合致しない。
  • 西島を「中島」とした場合、存在が想定される「大島」がない(東島は西島より小さい)。
  • 中島の西の小島であるが、東島の東南東の岩であれば、「西島(中島)の西」ではなく「西島(中島)の東」であり、方角が正反対である。

2.1.2 アシカとの比定

「亦於海島之間, 有如人形別立者三十」であるが、申教授はアシカの誤認としている。しかしながら、10月22日に金自周は、三十人の者について「白衣を着ており恐らく朝鮮 人」と詳細を報告しており、「有烟氣」と火の使用も確認している。アシカが白衣を着て火を使用することはあり得ないことから、この三十人の者は、人間に他ならない。竹島には人が居住できないことから、欝陵島とせざるを得ない。

2.1.3 まとめ

申教授の岩・島の比定は三石が列立してない等、現地状況と多数の不整合が生じており、説得力をもつものとなっていない。また、10月27日の記録から「者」を「アシカ」と推定することによって無人島である竹島との矛盾点を減じようと試みているが、これとて人間であることが明確にされている10月22日の記録を見落とすという致命的な間違いをおかしている。

12112.1半月城氏

2.1.1 「西距島七八里許」の解釈

半月城氏は「西距島七八里許」を島の西から望見したものとして解釈し、鬱陵島の西側から観音島が見えないことを理由に鬱稜島に比定した川上氏の論証に反論している。

竹島=独島論争 歴史資料から考える 内藤正中・朴
P121
一方、島の東なら至近距離に観音島がありますが、この小島は鬱稜島の西側からはもちろん見えません。金自周は船を島の西に碇泊し観察しているので、たとえ方向を多少変えたところで観音島は本当に重なり、その間に海水が通じて流れていると認識することは不可能です。

しかしながら、半月城氏のような解釈を可能とするには、「島」ではなく「自島(島から)」である必要がある。しかしながら、原文は「島」であり「西へ島を距てる」とせざるをえない。則ち、碇泊し望み見た所から2.8~3.2km西に島(三峰島)があるという位置関係であり、「金自周は島を西へ距てて(=島の東に)碇泊し観察している」となる。他の朝鮮の史料における「(方角)距(場所)(距離)」の用例も見てみる。

世宗実録地理誌

竜門山の位置

竜門山の位置

竜門山。【在郡東, 跨砥平西界。】 四境, 東距砥平二十里, 西距楊州三十五里, 南距川寧十七里, 北距加平四十里。
(韓国語の訳を日本語に自動翻訳したもの:竜門山(竜門山) 【軍(郡) 東にあるから, 地平(砥平) 西の方境界にかけている.】 四方境界[四境]は東に地平(砥平)に至る 20里, 西の方に洋酒(楊州)に至る 35里, 南にチォンニョング(川寧)に至る 17里, 北にガピョン(加平)に至る 40里だ.)

これは竜門山の位置を表記した記録である。実際の竜門山は楊州の東、川寧(現驪州)の北、加平の南に位置しており、「西距楊州三十五里」は「(竜門山)は、西へ揚州を距てること三十五里」、「南距川寧十七里」は「(竜門山)は、南へ川寧を距てること十七里」との解釈となる。以上より、用例からも「島の西から望見した」との解釈は成立せず、氏の「観音島がありますが、この小島は鬱稜島の西側からはもちろん見えません」という主張も成立しない。

なお、上記の申教授は「三峯島の東側7~8里の海上から、西側にむかって島を眺め見てきた」と正しく訳している。

2.1.2 地理的描写の竹島への比定

三峰島の北にあるべき「三石列立」であるが、半月城氏は以下のように判断を保留しつつ、その後半の記述において竹島に合致していると考えているようである。

「三石列立」と表現された景観は、鬱稜島がふさわしいのか、竹島=独島がふさわしいのかは、両島を比べてみないと何ともいえないところです。しかし、そのほかの描写からして問題の島を鬱稜島とするのは種々の点で無理かと思われます。

しかしながら、半月城氏は個々の島、岩をどれに比定しているか明らかにしておらず、検証は不可能である。

2.1.3 「有如人形別立者三十」の解釈

「亦於海島之間, 有如人形別立三十」であるが、半月城氏は「海島の間に人形のように立っているものが30ある」としている。この「者(半月城氏はものとしている)」であるが、申教授は「アシカ」を見誤ったとしている。しかしながら、10月22日に金自周は、三十人の者について「白衣を着ており恐らく朝鮮人」と詳細を報告しており、「有烟氣」と火の使用も確認されている。アシカが白衣を着て火を使用することはあり得ないことから、三峰島の三十人の者は、「ものや物」ではなく「者(=人間)」である。竹島には人が居住できないことから、欝陵島とせざるを得ない。

2.1.4 金漢京

半月氏は「もし金自周たちがたどりついた島が三峰(鬱稜)島なら、同島に二度も行ったことのある金漢京たちが気がつかないはずはありません。(中略)実録に三峰島に行ったとの既述がないのは、やはり金自周は同島ではなくほかの島を見たためと思われます」としている。三峰島(鬱陵島)を捜査しに行ったのであるから、既知の島として何ら修飾をせず「島」(西距「島」七八里許、「島」北有三石列立)と三峰島(鬱陵島)を表現し、知られていない新たな地理的情報として周辺の属島を描写したものと考えられる。また、1476年の捜査において竹島を見たのであれば彼にとって初見の島であり、その旨が記述されないのは不自然である。

2.1.5 まとめ

半月城氏の鬱陵島属島説の否定は明らかな誤訳に基づくものがあると共に、捜査対象が鬱稜島に断定できる1476年10月22日の報告については触れられず、申教授と同じ間違いを繰り返している。また、記録にある島や岩について個別具体な比定がなされておらず、記録との整合も検証できない。

2.2 鮮干英俊氏

ハンギョレ新聞 2007年10月27日
鮮干英俊、韓国領独島認定委員会設立準備委員長(行政学博士)は26日、発刊された本<高麗と造船国時代の独島>(学英社)で三峯島が独島の西方の島である‘西島(ソド)’という新しい解釈を出した。大部分の日本の研究者と一部、韓国学者たちは三峯島を鬱陵島と考えている。鬱陵島の様子や「島に人が30人余り立っていた」と言う記録が主要な根拠だ。しかし、鮮干委員長は航海が江原道ではなく咸境道から始まったことに注目した。豆満江河口から出発して鬱陵島を経ないで、直ちに北から独島に近付いたというのだ。探査隊は「‘島’の北に岩三つが並んで立っていて、次に小さな島、岩、中の島、小さな島がありすべて海水が流通する」と記述した。ここで‘島’を独島の西島と見れば、この記述は現在の独島周辺配置と完璧に一致する、と言うのが鮮干博士の主張だ。

彼は‘人の姿30個’に対して「探査地点が浜辺から2~3㎞離れていて、季節的に見てアザラシの群れだった可能性が大きい」と見た。またこの距離では大きな島である鬱陵島全体を眺めることができない、と三峯島の鬱陵島仮説を排斥した。彼は「韓国人たちは1900年代初めまで、独島を全然知らなかったという日本の主張と違い、朝鮮時代に国家次元で島を探索して領土行為をしたことが明らかになった。」と述べた。

http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/246101.html

西島の北には「列立」と表現できる岩がないにも関わらず「完全に一致する」としていること、個々の岩や島の描写に対する具体的な比定がないこと、白衣を着た火を使う朝鮮人とする1476年10月22日の報告を無視してアシカとみなしていること等、申教授や半月城氏とほぼ同じ主張であり説得力のあるものとなっていない。