1900年勅令41号の石島

1. 勅令に至る経緯

1.2 1889年李奎遠の欝稜島調査

1.3 1899年禹用鼎の欝稜島調査

1.4 1906年10月 島の改名・群守設置の誓願

鬱陵島を鬱島と改称し、島監を郡守と改正することに関する請議書

右該島は東溟に特立し大陸から遠隔であるが、開国504年に島監を設置して島民を保護し事務を管掌させており、島監裵季周の報牒と本部視察官禹用鼎、東萊稅務司の視察錄を參互節査したところ、該島地方は縦が八十里ほど、橫は五十里という。四圍壁の中に巨山があって北より南に至る。その間に大川あり、広さ深さは舟を幾つか容れることができ、その土は肥沃で民は素朴であり、この数十年、人口は蕃殖し、戸数は四百余戸あり、墾田は万余斗落ある。居民の農作一年の収量は、藷二万余包、大麦二万余包、 黃豆一万余包、小麦五千包という。大まかに戸数、田数と穀数を陸地の山郡と比較すれば、数は及ばないが甚しく劣るものでもない。最近、外国人が来て交易し、交際上のことも有り、島監と称するのでは行政上の障害もあるため、鬱陵島を鬱島と改称し島監を郡守に改正するのが妥当であるので、この段、勅令案を会議に提出する。

光武四年十月二十二日

議政府賛政內部大臣 李乾夏
議政府議政 尹容善 閣下 査照

2.勅令の「石島」の比定

韓国では1900年の勅令41号にある「石島」を竹島と比定している。その比定の根拠は、当時の欝稜島住民である全羅南道の方言で「石島」の発音が「獨島」と同じであったため「獨島」となったとするものである。韓国では石島を『Seok-Do』とも発音するが日本語における音読み(Seki-tou)に該当するものであり、日本の訓読み(Ishi-jima)に該当する古語では『Dol-Seom』と発音し、語頭など初声の場合は、『Dol』が『Tol』となるようである。しかしながら、全羅南道や慶尚道では石を『Dok(Tok)』と発音される。

単語 発音分類 発音
石島 音読 Seok-Do
訓読 標準語 Dol(Tol)-Seom
全羅南道や慶尚道 Dok(Tok)-Seom
獨島 音読 Dok-Do

この韓国の主張は、「①欝稜島の住人が全羅南道・慶尚道出身者、②『石島』をDok-Seomと呼んでいた」という前提の上に成立している。しかし、これは共に当時の史料において否定されてしまうのである。つまり、1900年当時の欝稜島住民は『石』をDolと発音する江原道出身者が中心であり、『石』をDolと発音している。

2.1 1900年当時の欝稜島住民

2.2 欝稜島住民の「石」の発音

jpn_1906_map_okuhara.gif 1906年、島根県は竹島及び欝稜島の調査を実施し、随行した奥原碧雲氏が『竹島及鬱陵島』として調査結果を取りまとめている。この中に欝稜島の居住地と共に、朝鮮語での発音のフリガナがふられた地名を掲載した地図がある。この地図にある欝稜島北岸の東、現在の三仙岩や観音島付近に「亭石浦」の地名が描かれ、その発音が『チョンドロボ(Chon-Doro-Bo)』とされているのである。日本語では「R」と「L」の区別ができないことから、石を「Dok」ではなく「Dol若しくはTol(語頭の場合)」と発音していたことになる。なお、この地図に記載されている発音は貴重な記録であり、朴炳渉(半月城)氏も『竹島=独島論争』P162において引用している。しかしながら、「竹岩」、「厳」等の発音に触れてはいるものの「亭石浦」には触れていない。

2.3 「石島」→「独島」→そして再び「石島」

ここに2つの報道記事がある。1906年の5月と7月の共に皇城新聞の記事である。

1906年5月9日皇城新聞
「本郡所属の獨島は外洋百余里の外に在るが、本月四日に日本官人一行が官舎に来到し、自ら云うには、獨島が今日本の領地になった故、視察のついでに来到し。。。。」

1906年7月13日皇城新聞
「鬱島郡の配置顛末 統監府から内部に公照された江原道三陟郡管下に所在する鬱陵島の所属島嶼と郡廳設始月を示明せよとの故に答酬され、光武二年五月二十日に鬱陵島統監として設證され、光武四年十月二十五日に政府会議を経由して郡守を配置したが、郡廳は台霞洞に置き、該郡所管島はチュク島と石島。東西が六十里で南北が四十里なので、合せて二百余里だという。」

韓国の主張する「訛による変化説」を適用すると5月には「独島」、2ヶ月後には再び「石島」に戻ったことになる。これでは文字の役割さえ果たせないだろう。なお、全羅道沿岸にも「石島」と表記される島が沢山あるとの情報もある。「石島」から「独島」に漢字表記が変更された事例の1つでも提示いただきたいものである。