鬱稜島から竹島が見える?

見えたところで国際法における権原に影響を与えないのであるが、韓国の主張の拠り所でもあるようなので鬱稜島から竹島が見えるかどうかについて検証したい。地球の丸みのみを考慮した場合、鬱稜島の海抜120m以上のところからは見える計算になるようである。しかし、これは空気に埃、塵、水蒸気等の光に影響を与えるものがなく、肉眼の解像度が∞とした場合のことである。ここでは、これまで「鬱稜島から竹島が見える証拠」として提示してきた写真及び写真撮影の捕捉情報から、肉眼でどの程度見えるものか考察してみたいと思う。

1.見えるとする証拠

1.1 軍艦新高行動日誌

jpn_1904_dailyreport_niitaka.jpg 日本の軍艦である新高の行動日誌1904年9月25日の記録に「松島東南望楼臺ヨリ望遠鏡ヲ以テ見タル「リャンコ」島」として記されていており、望遠鏡という光学デバイスを使用すれば見えることがわかる。ただ、「望遠鏡を以て」と断っていることから肉眼では見えなかったものと考えられる。

1.2 1999年毎日新聞掲載写真

500mmレンズで鬱稜島から撮影された竹島 1999年12月10日に、韓国の毎日新聞に鬱稜島から竹島を撮影したとする写真が掲載された。新聞記事によればこの写真は鬱陵郡庁文化観光課の金鉄丸氏によって1999年12月9日午前11時に海抜360mにある北面天賦里石浦村から、カメラ:ニコンFM 2、レンズ:500mmで露出11、の中も 30/1秒(機械翻訳ママ) で撮影されたものとのことである。また、金氏はこの写真の撮影のために40日余りを要したとしているが、「竹島を肉眼で見られる日は、1年で30~40日位あり、海抜100m以上の東側高地ではどこででも肉眼での眺望が可能」とも報告している。しかしながら、地球の丸さを考えれば「100m以上ならどこでも見える」ことはありえず、この金氏の談話はかなりの誇張がはいっているものと考えられる。40日で撮影可能な日が1日という頻度を365日に換算すると9日程度となり、下記の2008年のカメラマンの談話とほぼ一致する。

1.3 2008年中央日報・ハンギョレ新聞掲載写真

400mmの焦点距離で鬱稜島から撮影された竹島 鬱稜島から撮影された竹島(使用レンズ不明)
2008年7月21日に、中央日報及びハンギョレ新聞に掲載された写真である。記事によれば崔書勉国際韓国研究院長が専門カメラマンに依頼して2007年の下半期から6ヶ月の作業期間を要して撮影されたものである。松が鮮明に写っている写真は2007年11月2日午前7時14分頃に鬱陵島安平前(海抜 380m)から撮影されたもの、朝焼けでオレンジ色が強い写真は、2008年1月15日午前7時20分の日の出頃に鬱陵島の海抜440mにある内需前見晴らし台(機械翻訳ママ)で撮影されたものである。使用機材は200mmレンズと感度100のスライドフィルムとされていた。しかしながら、2007年11月2日撮影の写真データにexif情報が残っており、以下のとおりであった。

2007年11月2日撮影写真のexif
項目名 情報
機種 Canon EOS-1Ds Mark II
ソフトウェア Adobe Photoshop CS Windows
露出時間 2.50秒
ISO感度 100
シャッタースピード 2.59秒
露光補正量 EV0.3
レンズの焦点距離 400.00(mm)

200mmレンズ使用としているのに焦点距離400mmであること、スライドフィルム使用としながらデジタルカメラであること等、新聞記事と不整合が生じている。その後、撮影者が記事にある機材ではなくデジカメを使用して撮影された写真であること、フォトショップで画像を加工したことを認めた。しかしながら、200mmレンズとexifの焦点距離400mmとの不整合については説明を拒否したとのことである。更にハンギョレ新聞が容易に肉眼で見えると纏めているのに対して、中央日報では崔書勉院長の談話として年に何日かしか竹島が見えないとしており、新聞間でも記事の内容に不整合があり興味深い。

ハンギョレ新聞(2008年7月21日)
研究員側は また 鬱陵島 住民たちが ずいぶん前から 居住して来た 地域を 写真 撮影場所で 選んで 特別な 所で 非常に 制限された 特定の 時期にだけ 独島を ボール 数 ある 蟹 ないという 点を 明確に した.

中央日報(2008年7月21日:日本語版)
独島研究者たちはこうした論争に終止符を打とうとずいぶん前から鬱陵島で独島写真撮影を試みてきた。しかし、独島と鬱陵島の間には常に海霧がかかり、成功 した事例がほとんどなかった。チェ院長は「専門カメラマンが昨年4回にわたり数十日ずつ現地に泊まって撮影を試みたが、独島が姿を現わす日が1年に数日も なく、それさえももちょっと見えては消えてしまうことが多く、撮影に成功したのは3日しかなかった」と話した。

2.考察

鬱稜島から竹島が見える証拠として提示された写真及び関連記事からポイントを纏めると以下のとおりとなる。

  • 竹島と鬱陵島の間には常に海霧が発生しており、韓国の研究者が古くから撮影を試みているが失敗している。
  • 竹島が姿を見せるのは年に数日。
  • 500mmレンズを使用しても撮影に40日を要する。
  • 400mmの焦点距離(400mmレンズ使用の嫌疑)でも半年で3日しか撮影のチャンスがない。

ハンギョレ新聞では70mm~200mmレンズで撮影された写真に写っているものは肉眼でも見えるとしている(カメラには詳しくないので本当かどうか不明)。ハンギョレ新聞の指摘が正しいとしても、証拠として提示された写真は500mmレンズや400mmの焦点距離で撮影されたものであり肉眼で見えることの証拠にはならないことになる。鬱稜島には竹島を眺望する展望台があり多数の観光客も訪れているようである。もし、晴天の日に容易に見えるのであれば、このような肉眼以上の望遠レンズを使用することなく観光客が5倍ズームを備えた昨今の安価なコンパクトデジカメで写真を撮影していると思われるが、そのような写真も見あたらない(5倍ズームで35mm換算の焦点距離は150mm~180mm程度のようである)。中央日報の記事のように、晴れていたとしても「海霧」によって、竹島が見える日はほとんどないとするのが正解のようである。韓国の主張とは裏腹に、焦点距離が長く肉眼以上のものが見えるレンズで撮影されたことでさえ「ニュース」として大々的に発表されることや使用機材を詐称するこ自体が、肉眼では鬱稜島から竹島が滅多に見えないことを証明しているのではなかろうか。

3.既往研究及び著作

3.1 内藤正中氏

内藤正中氏は、『竹島=独島問題入門』のP4において、上記の2007年11月2日撮影写真を掲載し、『鬱稜島から肉眼で見える竹島=独島(2007.11.2)』とキャプションを付けている。しかしながら、この写真は焦点距離400mmで撮影されたものであり、肉眼で見える証拠にはできない。内藤正中氏は当該著書のあとがきにおいて「私は、史実に基づいて歴史を解明する意図から本書を執筆した」とした上で「この間違いだらけの外務省パンフレットに振り回されて、日本国民が恥をかくことは避けたいと願うものである」 としている。このような痛烈な批判をしている本において、作為はないとしても内藤氏自らが「間違いを振り回している」ことになる。内藤氏が、その名誉をかけて焦点距離400mmの謎を解明してくれることを期待したいと思う。

3.2 金柄烈氏

金柄烈氏は内藤正中氏との共著において以下のように記述している。

『史的検証 竹島・独島 内藤正中・金柄烈』 P127~128

鬱稜島にある独島博物館からケーブルカーに乗って望郷峰展望台に登れば容易に独島の観測ができる。望郷峰展望台は標高280メートルの地点にあるが、そこまで登らないと独島は見えない、というわけではない。ただ、観光客が独島をよりよく、はっきりみることができるように展望台を設置しただけである。そこを訪れた日本人もみな認めることである。「百聞は一見に如かず」ということわざがある。川上の主張に肩を持つ多くの日本人学者や日本外務省関係者にぜひ一度鬱稜島に来て見てもらいたい。

それほど、容易に見えるのであれば500mmレンズを使用して撮影する必要はないであろう。また、見える証拠として提示された写真の撮影状況ともかなり乖離した主張となっている。現在はインターネットという道具が存在し、それほど費用をかけることなく24時間のライブ中継が可能である。インターネットでライブ中継を行えば、鬱稜島に行くという費用や時間をかけず日本人だけでなく世界中の人に「見える」ことがアピールできる。VANKに税金を使うよりもよほど費用対効果が高いと思う。金氏に私のこのすばらしい提案を伝えていただける人はいないだろうか。ただし、ライブ中継にあたっては望遠レンズ等の撮影条件を詐称することはやめていただきたいものである。なお、余談ながら鬱稜島の展望台には「望遠鏡」も設置されているそうである。(晴天の日に鬱稜島展望台に登って竹島が見えなかったとデジカメ写真と共に報告していた日本人サイトが以前あったが、見つけられない。残念。)