18世紀以降の于山島

安竜福事件後、朝鮮政府は数年に一度の頻度で鬱稜島への巡視を実施するようになり鬱稜島に関する知見が増加することとなる。この時代、朝鮮政府には安竜福の証言を情報源とした「于山島は倭の松嶋」という認識と公的な現地調査に基づいて于山島を鬱稜島の東北にある竹嶼とする認識が併存することとなる。日本の主張と韓国の主張の相違は、朝鮮政府自身による公的な調査や地図を重視するか、「倭の松島」という記録を重視するかの違いに起因している。ここでは、国際法における島の同一性の判断基準を明らかにした上で、18世紀後半における于山島の同一性について検証してみたいと思う。

1. 国際法における地理的範囲の特定

1.1 地図の証拠能力

荒木教夫氏の「領土・国境紛争における地図の機能」に依拠して、地図の証拠能力を否定するような言論が一部に見られるが、荒木氏の論文は「国境確定若しくは主権の主張としての地図の証拠能力」に関するものであり、「島の同一性における地図の証拠能力」を否定するものではないことに留意しなければならない。パルマス島の裁判では、オランダ及び東インド会社の文献にある「ミアンガス島」が、係争地である「パルマス島」と同じ島であるかどうかが争われた。フーバー裁判官は、このパルマス島とミアンガス島の同一性の検証においてメナドの知事がオランダ領インドの総督に送付した大縮尺地図について以下のように判示した。なお、フーバー裁判官が信頼できるとしたイギリス海軍省海図は実測に基づく地図である。

The Island of Palmas Case (or Miangas) (1928)

こ の大縮尺地図は明らかに行政目的で準備され、その複製がオランダ政府の説明とともに提出されたが、それは「メランギスのパルマス」という孤島を示してお り、それは大きさと形状において全く正しいものではないし、また南に40分、東に20分も多いが、最も信頼できる詳細な近代的地図、殊にイギリス海軍省海 図がタラウアーまたはナヌサ諸島とミンダナオの間にパルマス以外の島を示していないので、パルマスに該当せざるを得ない。(This large scale map, prepared evidently for administrative purposes, of which a reproduction has been filed with the Explanations of the Netherlands Government, shows an isolated island “Palmas of Melangis” which, though not quite correct in size and shape and though about 40′ too much to the south and 20′ too much to the east, cannot but correspond to Palmas (or Miangas), since the most reliable detailed modern maps, in particular the British Admiralty Chart, show no other island but Palmas (or Miangas) between the Talauer or Nanusa Islands and Mindanao.)

また、東グリーンランドの裁判では「グリーランド」という用語が示す地理的範囲にグリーランド島の東海岸は含まれていないとの主張がノルウェーによってなされた。このノルウェーの主張に対して国際司法裁判所では以下のように判示し、地図を証拠としてグリーランドの地理的範囲に東海岸も含めるものとした。

Legal Status of Eastern Greenland(P.C.I.J, 1933)

し かし、十七世紀および十八世紀の地図を検討すると、グリーンランドの東岸の一般的な特徴および地形が地図製作者に知られていたことが明らかになる。(An examination however of the maps of the XVIIth and XVIIIth centuries shows that the general features and configuration of the East coast of Greenland were known to the cartographers.)

以上より、国際法において実測に基づく精緻な地図ではなくとも、地図に示された島や陸地との相対的な位置関係からの島の特定が可能であることがわかる

1.2 現地観察や航海に基づく地理的情報、民間の地図

前項の東グリーンランドの判例において裁判所は以下のように続けている。則ち、上陸の有無と関係なく現地の観察に基づく地理的特徴の記録は、当該箇所の特定において証拠となる。

Legal Status of Eastern Greenland(P.C.I.J, 1933)

た とえ海岸に上陸したことにつき証拠が提出されていないとしても、東グリーンランドの領域において捕鯨に従事していた船は、時々陸地を見つけ、そして観察 された著しい特徴に名称をつけていた。実際、地理用語としての「グリーンランド」は西岸よりも東岸に関連して一層多く用いられていた。(Even if no evidence of any landings on the coast have been produced, the ships which hunted whales in the waters to the East of Greenland sighted the land at intervals and gave names to the prominent features which were observed. Indeed, “Greenland” as a geographical term was even more used in connection with the East coast than with the West coast, as the term “Straat Davis” was often used to describe the West coast, or colonized area, of Greenland.)

パルマスの判例でも同様に、航海上の位置と共に名称が言及された場合については、島の特定に関する証拠能力を認めている。

The Island of Palmas Case (or Miangas) (1928)

多 くの地図上に 「パルマス」として図示される島と「ミアンガス」の同一性をオランダ当局がよく知っていたという事実の証拠は、オランダ政府の汽船Raaf(1896年 11月)と軍艦Edi(1898年6月)の司令官の報告書の中に見出し得る。これらの士官は明示的に二重の名称に言及し、かつ、その時に訪問した島のほぼ 正確な航海上の位置を与えている。(A proof of the fact that the Dutch authorities were quite aware of the identity of “Miangas” with the island charted on many maps as “Palmas” is to be found in the reports of the Commander of the Dutch Government Steamer “Raaf” (November 1896) and of H.M.S. “Edi” (June 1898). These officers mention expressly the double name and give the almost exact nautical location of the island then visited.)

また、民間人の現地視察に基づく地図及び地理的情報も同様に、位置が不正確にも関わらずパルマス島の特定の証拠として採用している。

The Island of Palmas Case (or Miangas) (1928)

航 海者カーテロンが1855年に刊行した書物に含まれる地図は、紛争中の島の場所に正確ではないが、「ナヌセ」と区別」されサン=オーガスチン岬と「ナヌ セ」のほぼ中間に横たわる一つの島「ミアングイス」を示している。カーテロンの地図は「ミアングイス」をはっきりとオランダ領として-政治的境界に関する ものとして明示的に示された色によって示している、これは地理上および統計上の情報が付され、広くこれらの地方を旅した著者のたまものであり、この信頼性 を打ち破る十分な理由は与えられなかった。(In conformity with this statement by COVENS and MORTIER, the map contained in the book published in 1855 by the navigator CUARTERON shows a single island “Mianguis”, not in exactly the place of the island in dispute, but distinct from the “Nanuse” and lying about midway between Cape San Augustin and the “Nanuse”. CUARTERON’s map shows “Mianguis” distinctly as a Dutch possession – by colour expressly indicated as relating to political boundaries; it is accompanied by geographical and statistical information and due to an author who travelled extensively in these parts (1841–1849), and against whose reliability not sufficient reasons have been given.)

以上より、国際法における地理的範囲の特定においては、民間及び公的の区別なく地図の証拠価値が認められることとなる。更には、現地査察に基づく地理的情報や統計的情報、航海記録における位置情報も地理の特定において証拠能力を有することとなる。

1.3 名称の錯誤

パ ルマスの判例において、アメリカはミアンガス島がパルマス島とは異なる地域である証拠として、オランダ人を含めて著名な地図製作者や航海者が、パルマス島 ではないナヌサ諸島若しくは諸島の一部の島に対して「メアンギス諸島」やこれに類似した名称を使用していることを指摘した。しかしながら、フーバー裁判官 は以下のように判事した。

The Island of Palmas Case (or Miangas) (1928)

「メ アンギス諸島」とナヌサの同一視はダンピアーの旅行以来有名なメアンギス諸島をどこかに位置付けたい欲望によって説明できるかもしれない。つい最近まで、 セレベス海の当該部分における島々の名称と位置の著しい不正確さが、メルヴィル・ヴァン・カーンビー男爵(オランダ人)の2枚の地図を含めた当事者が提示 したほとんどの地図に存在していることを鑑みれば、オランダの地図製作者たちが「ミアンガス」という名称を誤ってつけることも容易に考えうる。(The identification of the Nanusa with “Meangis” Islands may he explained by the desire to locate somewhere the Meangis Islands, famous since DAMPIER’s voyage. Seeing that up to very recent times an extraordinary inexactitude about the names and the location of the islands in precisely that part of the Celebes Sea is shown to exist by almost all the maps filed by the Parties, including the two maps of MELVILL VAN CARNBEE, an erroneous attribution of the name “Miangas”, even by Dutch cartographers, is easily possible.)

フーバー裁判官は、現地調査に基づく地図や地理的特徴、人口等の記録に証拠価値を認め、名目上の名称による島の特定を「錯誤」として却下した。国際法においては単なる島の名称をもって島の特定することはできず、現地調査等の記録に名称に優越する証拠能力が認められることとなる。

2. 朝鮮の記録にある于山島の検証

2.1 1694年張漢相の『欝陵島事蹟』

1694年の欝陵島調査を行った張漢相の『欝陵島事蹟』には、「東方五里(約2km)ばかりに、一小島あり。(中略)東、海中を望めば一島あり。はるか辰方(東南東)に在り。しかしてその大きさ未だ欝島の三分の一に満たずして、三百里(約120km)に過ぎず」としている。東方五里にある一小島は、地理的特徴の一致から現在の竹嶼に特定される。また、鬱稜島の大きさの1/3という点は事実と異なるが、鬱稜島からの方角、距離からして辰方にある島は現竹島を指すものと考えられる。しかしながら、張漢相はこの小島(竹嶼)や島(竹島)を「于山島」とも認識しておらず、島(竹島)については海中から眺めたのみであり領有の意識を示す記述もない。パルマスで示された「航海上の位置かつ名称」の条件を満たしておらず、本記録をもって于山島を竹島や竹嶼と特定することはできないなお、朝鮮政府がこの島(竹島)を「于山島」とは別の島と認識していたことは後述の1735年の『備辺司謄録』からも伺える。

2.2 1711年検察使の朴昌錫によって作成された地図

『欝陵島図形』は、1711年の巡視において検察使として鬱稜島に派遣された朴昌錫によって作成された地図であり、鬱稜島の公的調査による実地の情報が反映されたものである。また、朝鮮政府機関であった「備辺司」の印があり公的に承認された地図でもある。この地図において于山島は鬱陵島の東近傍に描かれ、「海長竹田 所謂于山島」と記されている。海長竹とは竹の1種であり現竹島には生育できない。地図に描かれた于山島の距離、形状、方角及び植生から竹嶼である。国際法において地図は島の同一性の証明において証拠能力を有することは前述のとおりであり、本地図のように公的調査に基づく政府により承認された地図は尚更である。

1711年検察使朴昌錫の地図と実際の地理との比較

1711年 検察使朴昌錫の地図と実際の地理との比較

2.3 1714年の浦人の証言

趙錫命が「欝稜島の東に、島々がいっしょに眺められ、倭の境界と接している」という浦人の話を紹介している。

肅宗実録補闕正誤  40年(1714年) 7月 22日

辛酉 江原道御使趙錫命 論嶺東海防疎虞將 略曰 詳聞浦人言 平海蔚珍 距鬱陵島最近 船路無少礙 鬱陵之東 島嶼相望 接于倭境 戊子壬辰 異攘帆穡 漂到高杆境 倭船往來之頻數 可知 朝家雖以嶺海之限隔 謂無可憂 而安知異日生釁之必由嶺南 而不由嶺 東乎綢繆之策 不容少緩

欝稜島の東岸のすぐそばには、三仙岩、観音島、竹嶼と連なる島々がある。90km離れたところには竹島があるが、欝稜島を起点にした場合に「島嶼」とするにはあまりにもいとするであろうか。張漢相の報告のように「島」とするのが自然だと考える。また、晴天でも滅多にみることができない竹島を何ら条件もつけずに「望」と簡単に見えるように表記するのは不自然であり、浦人の言う島嶼は、欝稜島東岸にある三仙岩から連なる島々である蓋然性が高いであろう。何れにしても、国際法では間接的な推定は否定されることからこれらの曖昧な情報からの解釈による島の特定は許容されないと考える。なお朴炳渉(半月城)氏は『竹島=独島論争』のP140でこの記録にある島嶼を三仙岩から連なる島々である可能性には触れることなく、「①名前がないがこの島嶼は于山島と考えるのが妥当、②『萬機要覧(1808年)』に于山島は倭の松嶋としているので①の于山島は日本の松嶋」というような推論を重ねることによって竹島であることを示唆している。しかしながら、島名が書かれてない島の記録をもって、島名をもつ島と特定できないのは、国際法を出すまでもなく同じ著書のP111で自らが指摘しているとおりである。同じ太宗実録17年にある欝稜島の傍らの小島を于山島と推定した下条氏に対して朴炳渉(半月城)氏は以下のように書いている。

竹島=独島論争 P111

下条氏は、実録にある「傍らの小島」を于山島と決めつけていますが、『太宗実録』にはそのような記述はありません。「傍らの小島」は無名です。

作為・無作為は関係なく「自分に甘く他人に厳しい基準」というのは、当人の主張の信用を損なうものでしかない。自分も他山の石としなければならない。何れにしてもこの記録は、国際法において如何なる主張の証拠ともできないであろう。

2.4 1735年の『備辺司謄録』

「張漢相による鬱稜島調査以来、鬱稜島は広く肥沃であり于山島は鬱稜島の西にある同じく広い島であると聞く」としている。前述のとおり、張漢相の調査報告には距離及び方角から現竹島に特定される小島が記載されている。しかし、備辺司謄録では、張漢相による鬱稜島調査に触れながら調査報告の島(竹島)ではなく、鬱稜島の西にある存在しない架空の島(二重写しの鬱稜島)を于山島としており、現竹島を于山島としては認識していなかったことがわかる。また、1735年時点において、1711年の竹嶼を于山島とする朴昌錫の報告に基づかない古い地理認識も存在したことが伺える。

丁丑·戊寅年間朝家送張漢相 看審圖形以來 而聞鬱陵島 廣闊土沃 曾有人居基址 或有往來之痕 其西又有于山島 而亦且廣闊云矣

2.5 1807年5月12日の鬱稜島調査

1807年に朝鮮政府実施された鬱稜島調査報告であり、鬱稜島の北面を西から東に向けて孔岩、錐山、三仙岩近辺(天底仇味)となぞった後に「北に于山島が有り、周囲は二三里(0.8~1.4km)をなしている(北有于山島周回為二三里許)」としている。半月城氏は半月城通信No.131において「著者はそのような認識であったと理解すべきで、これを無理に欝陵島の「東」にあるチュクト(韓国名:竹島)に関連づけるのは強引すぎる。19世紀、于山島を欝陵島の北に描いた地図には江原道『八路地圖』などがある。」とコメントしているが、現地の観察記録として掲載された于山島を鬱稜島の北にある架空の島に比定しようというのであろうか。情報源が不明確な八路地圖とは異なって、現地調査による実在する島を記載したものであり于山島の方角、大きさ、鬱稜島から特別な航海も要しておらず竹嶼以外に特定しようがない。国際法においても現地調査に基づく地理的特徴や航海記録における位置情報からの島の特定は認められており、この記録も「于山島が竹嶼である証拠」の条件を満足するものである。

2.6 朝鮮で作成されたその他地図

巡視によって増加した鬱稜島に関する知見は、朝鮮の地図製作者等にも大きな影響を及ぼした。特に、当時としては極めて正確 な地図を作成したと評価されている金正浩が作成した詳細な朝鮮半島の地図である青邱図においても于山島が鬱稜島の東の直近にある1島として記載されていること が注目される。鬱稜島との距離、方角、島の形状からこの于山島も竹嶼に比定される。

1833年青邱図

1833年青邱図

なお、余談ではあるが、金正浩の大東輿地図が10万ウォンという高額紙幣の図案として掲載を予定されていたが、竹島が描かれていないということで騒動が持ち上がっている。図案として採用されたものとは別の大東輿地図に于山島が描かれており、これを採用するとの意見もあるようである。しかしながら、こちらの大東輿地図に描かれた于山島も鬱稜島との距離、方角、島の形状において竹嶼に比定されるべき島であり、竹島の地理的特徴を有していない。

また、当時の詳細な鬱稜島の大半の地図において、鬱稜島との距離、方角、島の形状において竹嶼に特定できる島を于山島としており、「于山島=竹嶼」の認識が朝鮮の地図製作者に普及していたこがわかる(参照:朝鮮の地図の検証)。国際法において地図製作者による民間の地図も島の特定に有効であることは前述の判例に示されたとおりであり、これらの地図は于山島が竹嶼とする証拠としての要件を満足するものである。

2.7 于山島は倭の松嶋

『東国文献備考(1770年)』、『増補文献備考(1908年)』、『萬機要覧(1808年)』といった文献において1656年に編纂された輿地志を引用する形で「于山は倭の松嶋」と記されており、1656年から朝鮮政府が竹島を于山島として認識しているとの証拠とされてきた。下条氏は『東国文献備考(1770年)』の編者である申景濬の他の著作から輿地志における当該記述の実存を疑問としてきたが、輿地志は現存してないことから確認する手段がなかった。しかし、近年になり輿地志が発見されたことにより、下条氏の指摘のとおり輿地志に「于山島は倭の松嶋」という記述はなく、新増東国輿地勝覧を転記しただけであることが確認された。よって、『東国文献備考(1770年)』の編者である申景濬が輿地志を錯誤若しくは歪曲したことになり、「倭の松嶋」という最古の認識は1728年に編纂された粛宗実録に掲載されている1696年の安竜福の証言を遡ることはできなくなった。

編纂年 文献 編纂者 松嶋の記録 備考
1656年 輿地志 柳馨遠 于山島鬱陵島 一云武陵 一云羽陵 二島在県正東海中 三峯及業掌空南峯梢卑 風日清明則峯頭樹木 及山根沙渚 歴々可見 風便則二日可到 一説干山 鬱陵 本一島 地方百里 現存しないとされてきたが、2006年に済州大学の呉相学氏が発見・確認。新増東国輿地勝覧の引用のみで「于山島は倭の松島」という記述がなかったことが明らかとなる。
1728年 粛宗実録 倭言吾等本住松島 偶因漁採出来 今当還往本所 松島即子山島 此亦我國地 汝敢住此耶 安龍福の証言
1770年 東国文献備考 申景濬 輿地志云 鬱陵 于山 皆于山國地 于山則倭所謂松島也 輿地志に「于山則倭所謂松島也」と書かれているとしているが、輿地志に当該記述がないことが判明。編者が錯誤若しくは捏造したこととになる。
1808年 萬機要覧 輿地志云 鬱陵 于山 皆于山國地 于山則倭所謂松島也 東国文献備考を引用。申景濬の間違いもそのまま引用。
1908年 増補文献備考 輿地志云 鬱陵 于山 皆于山國地 于山則倭所謂松島也 東国文献備考を引用。申景濬の間違いもそのまま引用。

安龍福の証言する「松嶋」の地理認識は実際の竹島と合致しないもの(鬱稜島の北にある、鬱稜島より大きい、人が住める)及び合致するもの(距離)が 混在している。日韓の解釈の相違はこのうちどちらの記録を重視するかによる。ただ、実見したにしては地理認識が振れすぎており、日本への連行若しくは滞在 中で得た日本の漁師等からの伝聞にもとづくものと考えるのが自然ではなかろうか。何れにしても朝鮮政府は日本に対して安が私人にすぎない旨を回答しており 安の言動が国際法上の効力をもたらすことはない。ただ、国際法上の価値を有するのは、安の証言によって松嶋(現竹島)に関する地理情報が朝鮮にもたらされ 朝鮮政府が実際の竹島を認識するに至った場合のみであろう。
鬱稜島の帰属における日朝交渉において松嶋(現竹島)は一度も議題にされておらず、朝鮮が外交交渉において松嶋(現竹島)の地理情報を入手したことはな い。更に日本における安の証言内容については日本は知りうるが朝鮮政府が関知することはできないことから、安が朝鮮で行った証言が朝鮮政府が知りうる松嶋 に関する地理情報の全てとなる。これまでの日韓の主張及び議論は、安の日本での証言及び朝鮮での証言を統合若しくは取捨選択した上で安のいう松嶋を推論し ているのが、これらの推論は「私人である安龍福の地理認識」にすぎず「朝鮮政府の地理認識」ではないことに留意しなければならない。安龍福事件以降 においては新たに日本から松嶋に関する情報を入手しない限り朝鮮の資料に記録された安の証言が全ての情報である。安によって朝鮮にもたらされた松嶋 に関する情報を韓国の記録から抽出整理すると以下のとおりであり、現竹島を認識し特定するに足る確実かつ正確な地理情報が含まれていないことがわかる。

出典 地理的情報 現竹島との整合性 現竹嶼との整合性 備考
粛宗実録 于山島は日本では松嶋と呼ばれている - - 名称は根拠とならない(上記の「名称の錯誤」を参照)
人が住める ×
鬱稜島より東にある島 「鬱稜島にいた日本の漁師が松嶋に住んで帰るところ」としており、鬱稜島より朝鮮半島寄りとは解釈するとは考えにくい
鬱稜島からそれほど遠くない島 × 暁に鬱稜島から船をひきいて松嶋に到着
辺例集要 鬱稜島より頗る大きい島 × ×
鬱稜島から1日弱の島 × 鬱稜島より一晩を経て翌日の晩に到着

『増補文献備考(1908年)』や『萬機要覧(1808年)』では、輿地志に関して『増補文献備考(1908年)』と全く同じ間違いをしている。こ のため、『増補文献備考(1908年)』や『萬機要覧(1808年)』等の編者が、『東国文献備考(1770年)』を無批判に引用したにすぎないことが明らかであり、具体的な地理的情報に基づく記述ではないこととなる。

また、「倭の松嶋若しくは于山島」を現竹島と特定し うる正確な地理的情報がなかったことは、上述のとおり後々の竹嶼を于山島とする公的調査の記録や地図の普及によっても証明されることとなる。具体的な現地調査や地図に示された地理認識が、机上の名称によって覆されることがないのは「1.3 名称の錯誤」のとおりである。パルマスの判例に沿って言え ば『安龍福の証言以来、倭の松嶋でもある于山島をどこかに位置付けたい欲望によって説明できるかもしれない。当事者たる朝鮮の公的調査や地図におい て竹嶼を于山島とし「倭の松嶋」という名称を誤ってつけることも容易に考えうる』といったことになろう。そもそも、日本の地理認識を朝鮮の地理認識に代用適用すると いう間接的な手段に頼ることに無理があり、韓国の主張の根拠の希薄さを露見させているのではなかろうか。

2.8 結論

国際法において地理的範囲の同一性の検証は、まず地図や現地調査に示された地理的特徴・人口等の統計情報等の情報により当該地域の特定した後に、当該地域につけられた名称・呼称をもって名称・呼称と実際の地域の対応を行うというプロセスふ踏んでいる。18世紀以降の朝鮮においては、現地調査に基づく地図、現地調査記録における地理的な特徴、地理学者の地図が何れも于山島が竹島ではなく欝稜島の直近にある竹嶼であることを示している。反対に、現在の竹島に一致する情報は「于山島は日本の松嶋」という安龍福の証言を起源とした伝聞以外になく、倭の松嶋に関する具体的な地理情報も与えていない。朝鮮政府の地理認識として、朝鮮政府や朝鮮の民間人自らの情報に基づく地理が、具体的な地理情報をもたない名目的な他国の名称に優先することはない。よって、「日本の松嶋」は日本においては現在の竹島を指すが、朝鮮においては于山島は竹嶼であり、竹嶼を日本の松嶋と錯誤したものと結論せざるを得ない。

3. 既往研究や発表の検証

3.1 舩杉力修氏

島根大学法文学部准教授の舩杉力修氏は、朝鮮の官製の17世紀以降の地図について緯度・経度、植生、距離等から竹島が描かれていないと論証した後に以下のようにまとめている。

Web竹島問題研究所 「朝鮮側作製の官製地図にみる竹島
さて、最近地図の分析について次のような指摘がありました。「元来、地図は視覚的に訴える力が大きいだけに、ややもすると数枚の古地図をとりあげて領土を論じがちですが、実のところ、不正確な古地図は国際裁判においてはせいぜい伝聞証拠くらいの価値しか持たず、特に測量にもとづかない地図は証拠能力に乏しいのが実状です」(半月城通信No.127)。国際法が専門の荒木教夫氏の論文を引いて、不正確な古地図は国際裁判には価値がないとしています。しかしながら、荒木氏の論文を読むと、一部のみの引用であることが分かります。荒木氏は、国際
裁判において価値が認められてきた地図は、過去の国境画定作業に基づいた国境条約に附属した地図でも「当事国の合意」を示すものが基本であること、紛争当事国の公的地図は紛争解決の決定的証拠とならないものの、関係領土において、主権を享有しないことを自ら認めているような地図は重要な意味を有するとしています。
しかしながら、韓国側では、係争地(竹島)を自国にとって有利に描いた公的地図など1枚もなく、それ以前の問題であり、係争地そのものを描いた公的地図が存在しないのです。さらに、係争地での主権を行使した記録すらないのです。つまり、韓国側には、国際裁判において証拠となる地図が1枚もないということが明らかになったといえます。

舩杉氏及び荒木氏の指摘のとおり、国際法において「領域権原の取得や主権表示(実行支配)の証拠」として地図の証拠能力は極めて限定的なものとして扱われている。しかしながら、地図に掲載がないことが当該国の主権がないことの証明にならないことも最新のペドラブランカ島の判例でも示されている。シンガポールの公的地図には1995年までペドラブランカ島が表示されていなかった。また、1962年~1975年に発行されたマレーシアの地図には、ペドラブランカ島が描かれ島の下に「シンガポール」や「シンガプーラ」とのキャプションが表記された。国際司法裁判所は、これらの両国の地図について以下のように判示している。

CASE CONCERNING SOVEREIGNTY OVER PEDRA BRANCA/PULAU BATU PUTEH, MIDDLE ROCKS AND SOUTH LEDGE (ICJ, 2008)
裁判所は1995年に至るまでシンガポールがペドラブランカ島を同国領土として描いた地図が全くないことを想起する。しかし裁判所の見解によれば、それらのシンガポールの不作為は、マライヤやマレーシアが1962年から1975年に発行した地図に比べれば極めて小さな影響しか与えない。裁判所は、どちらかと言えば、これらの地図がマレーシアがペドラブランカ島をシンガポールの主権下にあったと考えていたことを確認するものと判断する。(The Court recalls that Singapore did not, until 1995, publish any map including Pedra Branca/Pulau Batu Puteh within its territory. But that failure to act is in the view of the Court of much less weight than the weight to be accorded to the maps published by Malaya and Malaysia between 1962 and 1975. The Court concludes that those maps tend to confirm that Malaysia considered that Pedra Branca/Pulau Batu Puteh fell under the sovereignty of Singapore.)

よって、当時の朝鮮の地図に竹島が描かれていないことをもって朝鮮の主権が存在しないとは言えないであろう。更に、舩杉氏が本稿で引用し、その論理を借用している保坂氏の以下の主張も同様に成立しえない。

歴史的に日本が独島を領有してきたということが事実なら日本の領土を明示する各種日本地図に独島がはっきりと描かれていなければならない。ところが江戸時代と明治時代日本で作成された官製、官許の日本地図には独島が入っていない。これは江戸幕府と明治政府が鬱陵島と独島を含めて朝鮮領土と認めたという事実を確実に証明している、独島に対する日本の歴史的な領有権主張が崩れれば、彼らの国際法上の独島領有権論理もその延長線上で崩壊する。

なお、上述のように朝鮮の地図等により于山島が竹嶼と特定されることから、「于山島の記録」をもって主権の表明だとする現在の韓国の主張も成立しえず、「係争地での主権を行使した記録すらないのです」という舩杉氏の指摘は結果的には正しいこととなる。

3.2 半月城氏

上記の舩杉氏の投稿に対して半月城氏は、半月城通信No.129「証拠としての竹島=独島地図、舩杉氏への批判」において荒木氏の論文をベースに反論を行っている。

このように整理すると、舩杉氏が熱心に収集して『「竹島問題に関する調査研究」最終報告書』に発表した多くの地図や絵図は「測量に基づかない」ことと、公的な地図でないので、国際司法裁判所においてほとんど意味をもたないということになります。ひいては、竹島=独島の領有権論争においてもほとんど意味をもたないということになります。『最終報告書』は、しょせんは趣味的に古地図を収集したようです。

一番の問題は荒木氏の論文をベースにしているとしながら、「国際司法裁判所において」と一般化してしまっていることである。荒木氏の論文は「主権の主張としての地図の証拠能力」に関するものであり、島の特定において地図が有力な証拠となることは上述のとおりである。このため、于山島という島の特定において舩杉氏の研究が国際法においても有意であることは確かであり、半月城氏の見解とは異なり于山島を竹島とすることを前提とした韓国の主張に大きな影響を与えることとなる。更に半月城氏は以下のように続けている。

趣味の世界は好事家にまかせて、ここでは竹島=独島論争に価値のある地図をピックアップすることにします。上記(A),(B)ですが、竹島=独島に関していえば、国境条約自体が存在しないので、上記(A)に該当する地図は存在しません。したがって議論は(B)の公的地図に絞られます。それを踏まえて日韓両国の地図を概観することにします。
2.公的な朝鮮地図
2-1.朝鮮の官撰地図
政府の担当機関による国土の近代的な測量は実施されなかったので、1905年以前に官撰地図はありません。
(中略)
このように位置や形状などが不正確な古地図は万人の共通理解を得られないだけに、国際司法裁判所において証拠とはなり得ないという荒木氏の指摘はもっともです。結局、韓国の官製地図において于山島の記述はあいまいなままであり、証拠になる得る近代的な公的地図は存在しないようです。なお、有名な「大東輿地図」は民間人である金正浩が作成したといわれているので、その地図から国家の意志を読み取ることはできません。

まず、荒木氏の論文においても「近代測量が実施されていないので官撰の地図ではない」とはしておらず、どのような根拠があってこのような主張をしているのか不明である。また、測量をしていなくても現地観測に基づく地理的特徴の記録や民間人が作成した地図が「島の特定」の有力な証拠となるのは上述の判例に示されたとおりであり、韓国では著名な金正浩の地図も于山島を竹嶼に特定する有力な証拠となる。