韓国の権原

韓国政府は、世宗実録地理誌等の見られる「晴天の日に見える」という記録を鬱稜島から于山島を見たものと解釈することによって現在の竹島に比定し領有を主張している。また、17世紀後半の竹島1件において送還後の朝鮮での取り調べにおける安龍福の証言、1900年の勅令の石島を竹島する解釈が、韓国の領有の主張だと考えられる。これら、韓国が主張する解釈なり証拠が国際法上に有効であるかどうか検討する。

なお、今日「国際法に基づいて」というフレーズで自己の主張を正当化しようとする試みが学者を含めてなされているが、その「国際法」の存在を判例等によって証明しているのは極めて希である。「国際法に基づいて」という枕詞をつければ、国際法が創出されるわけではない。このため、本サイトではこのような自称国際法にならないように国際司法裁判所等の判例を明示しながら検討を進めるものとする。